分煙機を導入することで得られるメリット

日本人の死因のトップであるガンは、男女で部位による特徴があります。

男性の死因のトップが肺ガンで2014年には5.2万人がなくなっているのに対して、女性の場合は1位は大腸ガンで肺ガンは男性の半数未満の2万人にとどまっています。


これは、断定は出来ませんが喫煙率の違いが関係していると推測されます。

タバコの煙には、発ガン物質のタールを含んでいるからです。



このような喫煙が及ぼす健康への悪影響は、現在では国際的にも認識されています。

このために、公共施設の大部分は完全禁煙となっており、路上喫煙に対しても厳しい取り締まりが行われるケースもあります。

ただし、職場という空間では排除することは出来ないので、共存するための工夫が必要となります。
分煙機は、このような社会的な需要の中で開発されたシステムで、タバコの臭いと煙を吸引してクリーンな環境を実現します。


喫煙者と非喫煙者が無理なく共存できるようになり、生産力の向上などの様々なメリットを得ることが出来ます。



これは、喫煙室や喫煙所を別途用意するよりも大きな効果を期待できます。



喫煙所や喫煙室は、喫煙者のみが利用できる特別な空間であり、非喫煙者にとっては非常に不公平となります。
分煙機を導入することにより、このような不平等がなくなり、活発なコミュニケーションへとつながります。

つまり、分煙機は喫煙者と非喫煙者、さらに企業自体にとってもメリットが得られるということになります。