分煙機の種類について

分煙機は煙を周囲に拡散しないために設ける機械のことです。分煙機の仕組みとしてはファンなどを用いて周囲の空気を吸引しフィルターなどで浄化するというものです。

エアカーテンに関するトレンドをお伝えいたします。

煙が発生する場所としてはタバコや焼き肉などを提供する飲食店などがあります。

飲食店で提供されているものとしてはコンロと一体化されたものが中心になります。

この場合にはその場でフィルターで除去されるもののほか、ダクトを利用して屋外に排出するものがあります。

一方でタバコの場合にはカウンター型またはテーブル型とボックス型があります。
カウンター型やテーブル型は通常の机に分煙機を内蔵したもので周囲の空気を吸引することでタバコの煙や臭いを除去するものです。
比較的設置が容易であり、その場で浄化されるので電気さえあれば利用が可能です。

また移動も簡単にできるメリットがあります。

しかし、カウンター型やテーブル型では完全に煙を吸引できるわけではないデメリットがあります。


そのためタバコの煙を周囲に漏らさないためのものとしては、周囲を仕切ったボックス型があります。ボックス型分煙機では周囲を仕切っているので、より効果的にタバコの煙や臭いを除去することができるメリットがありますが、一定のスペースが必要になります。



ボックス型は2、3人が利用できる程度の小型のもののほか、10人程度が利用できる大型のものまであり、小型のものはオフィスなどで設置され大型のものは公共施設などに設置されています。